• ホーム
  • 性欲が減退してしまう主な原因と健康的な生活を送るための方法は?

性欲が減退してしまう主な原因と健康的な生活を送るための方法は?

男性でも女性でも性欲の減退は起きうる事象になります。しかしいざ減退してきたとなってもなかなか誰にも相談できない事柄なので、他人事と思わずに考えた方が良いでしょう。

性欲が減退する原因は男性と女性でそれぞれ異なります。男性の場合には筋肉量の低下を大きな原因として挙げられます。実は男性ホルモンであるテストステロンの分泌量は筋肉量と相関関係にあるため、筋肉量が減ってしまうとテストステロンの分泌量も減ってしまうのです。男性ホルモンが減少すると当然感じにくくなります。女性の場合もホルモンバランスの崩れが原因となります。女性ホルモンのピークは30代後半と言われていて、エストロゲンが減少し始めて性欲を感じられるテストステロンが優勢になっていくのです。

加齢以外にも妊娠や出産によってホルモンバランスは崩れ、元に戻るまでには時間がかかります。その間も性欲を感じにくくなりやすいです。男女共通で原因となるのはストレス。ストレスを感じるとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されるようになります。このコルチゾールは様々な問題を引き起こす危険なものなのです。

男性の場合にはテストステロンの分泌の阻害を、女性の場合には自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが生じてくるのです。こうしたことが原因で性欲が減退していってしまいます。性欲は健康のバロメーターでもあるため、放っておくことは得策とは言えません。急激な減退の時には何かしら体調に異変が生じている証拠です。そのためきちんとした対策をすることをおすすめします。男性の場合には日々運動をすることが重要です。筋肉量とテストステロンは相関関係にあるため、性欲を維持するためには筋肉は欠かせません。それだけではなくセックスをするためにはある程度の筋肉が必要です。男性らしい魅力をつけるためにも筋トレをした方が良いでしょう。

女性の場合にはまず自分の周期を知ることが重要です。女性のホルモンバランスは日々変化していきます。性欲のピークが訪れるのは生理終了日から排卵日にかけてです。特に、排卵日の前後はセックス欲求が高まるので、きちんと把握するようにしましょう。男女共通でできる対策はしっかりと睡眠を取ること、食事をしっかりと取ることです。人間の散田欲求である睡眠欲と食欲が満たされていない状態では性欲を満たそうという欲求は沸いてきません。健康的な生活を送ること自体が様々な病気や減退を防ぐことに繋がりますよ。