OKサインを出す男性

パートナーとの付き合いが長ければ長いほどマンネリ状態に陥りがちなもの。付き合いも長いしこんなものかなと思っていると後で取り返しのつかないことになってしまうので、きちんと向き合うことが必要です。

これを乗り越えることができないと、最終的に待っているのは破局ということになってしまうでしょう。どちらか一方が頑張っても乗り越えることができないため、お互いの歩み寄りが必須です。それではどうやって乗り越えたら良いのでしょうか。

どうしてマンネリ化してしまうの?

付き合いたて、結婚したての時には一緒にいるだけでドキドキして楽しかった筈なのに、気が付いたらドキドキしなくなっている、なんていうのは誰にでも訪れる気持ちの変化。一方でいつまでもラブラブな関係を継続しているカップルもいるというのも事実です。それではどうしてマンネリ化してしまうのでしょうか。

付き合いが長ければ長いほど一緒にいる時間が長くなるので、新鮮味に欠けるようになってしまいます。最初の頃は一緒にいるだけで嬉しかったのに、会えることが当たり前になってしまって会えてもそこまで嬉しくなくなってしまうのです。そうすると会っても楽しいと思えず、何となくつまらないなと思い始めるようになってしまうのです。長くいると良い面だけではなく悪い面も見えるようになっていってしまいます。最初は好きという気持ちが勝っている状態ないので、相手の悪い面も気付けなかったり、気付いてもポジティブに考えることができます。

付き合い始めて暫くすると相手のことも冷静に見られるようになって、少しずつ気付いていくように。一度気になり出すとそれがどんどん気になるようになって、悪い面ばかりが気になるようになっていってしまうということも少なくありません。それだけではなく、時間の経過と共に気遣いや優しさも減っていきます。最初の頃のデートであれば大丈夫?と聞きながらだった筈なのに、気が付けばそんな優しい言葉も減っていきます。ある程度気心が知れてくると、だんだんそんな気遣いもしなくなっていってしまうのです。勿論それ自体が悪いことではなく、お互いのことを言わずともわかるようになっているということ。なんとなく疲れてきたかな、ちょっと困っているかな、ということも雰囲気でわかるようになってくるのです。でもそれまできちんと声をかけていたのに声をかけられないようになると、なんとなく蔑ろにされているような気分になってしまうものです。

どれも長く付き合っていけば多少に関わらず生じてくるものばかり。しかしそういうものだから仕方ない、と思ってしまうのは大きな間違いです。日々の積み重ねによってマンネリ状態に陥ってしまいます。

付き合いが長いとセックスもマンネリ化しやすい

マンネリ化しやすいものの代表としてセックスが挙げられます。実は半数以上の人がパートナーとのセックスがマンネリ化していると感じているようです。自分が思っていなくてもパートナーはそう思っている、なんてことも往々にしてあり得るかもしれません。

特に結婚して3年以上経過するとその傾向が強いようです。やはり付き合いが長くなってしまうと、お互いのセックスにも新鮮味がなくなってしまうということもあってその傾向が強いようです。放っておくとセックスレスに突入してしまうというケースも少なくありません。

セックスのマンネリ化の理由は大きく3つ。1つ目はやはりルーティン化してしまって、新鮮味がなくてつまらなくなってしまうということです。2つ目がパートナーに興奮しにくくなることです。長くいればその分下着姿や裸にも慣れてきますし、緊張感がなくなっていきます。そうするとセックスに対するモチベーションが下がってしまうのです。3つ目が恋愛感情から家族愛へと愛情がスライドしていってしまうこと。長く一緒にいると恋愛感情を持つことが難しいという人も多いです。そうするとなかなかセックスをしたいという気持ちが沸いてこなくなってしまうのです。

一度セックスレスになってしまうと、なかなか元に戻ることはできません。そのためきちんと対策をしておくことが必要なのです。対策として最も手軽に行うことができるのが様々な体位に挑戦してみることです。何かものが必要が訳でもないので、それこそ今すぐにでも挑戦することができます。普段正常位でしかしていないという人は多いですが、実は女性は欧米の女性と違って膣の向きが異なります。そのため正常位よりも後背位の方が良いということも。どの体位が良いのかは人それぞれですから、楽しみながら変えてみることをおすすめします。

それ以外にも場所を変えるというのも有効です。結婚してしまうとセックスをするのは家になってしまいます。しかしそれだとマンネリ化してしまうのは当然ですよね。そのためラブホテルに行くというのもかなりの気分転換になります。ラブホテルに行って気分を変えてみてはいかがでしょうか。